2022年09月30日

早や九月

ついこの間、新年を迎えたと思ったら,何んと、もう九月ではないか。月日は百代の家客にして・・・と言うが、これだから人間の一生なんてあっという間だ。周囲を見回すと、あの人も死んだこの人も死んだ、である。嘗て、あの野郎、早く死にゃ~がれ~っ!と思っていたのが、念願通り死んでやれ嬉しやと思っていたら、今度は自分の番になった。エエッ!一寸待ってよ!と思っても待っては呉れない。トホッホッ!まっ、死は避けられないのだから、かくの如く、黙って世の摂理に従うだけである。唯一残せるのは自分の思いを継承してくれる有能な弟子だけである。数は少ないが、そう言う弟子に後を託して、傍に迷惑掛けないように,静かに息を引き取る、これに尽きる。

posted by zuiryo at : 11:04 | コメント (0)

2022年09月29日

ハチの命日

26日は「ハチ」の命日である。花を飾り、お膳をお供えし,雲水と一緒にお経を上げた。もう死んで十二年経った。今でも元気一杯走り回っていた頃を想い出す。本当に可愛い犬だった。阪神大震災で行き場を失った沢山の犬を保健所の関連機関が神戸の山の中で保護していた。飼い主を求む,と言う新聞記事を見て、雲水と車二台で出かけた。まだ幼かった「ハチ」を貰った。爾来僧堂の雲水達にも可愛がられ、広い境内を走り回っていた。散歩に連れて行くのが私の楽しみになった。決して無駄吠えをせず、静かな僧堂にはふさわし犬だった。お寺に出入りする様々な人たちにも直ぐに慣れて、皆にいつも頭を撫でて貰っていた。十数年経った或る日、急に死んだ。ポカンと心に穴が開いたような空しさで一杯になった。いつも台所の上がりかまちの脇の小屋にいたので、直ぐ近くの場所に埋葬した。信者さんの石屋さんが立派な石をハチのお墓にと、下さった。爾来毎年祥月命日には雲水と共にお経を上げて供養している。

posted by zuiryo at : 09:52 | コメント (0)

2022年09月25日

何だか力抜ける

どう言う加減なのか解らないが,この所、矢鱈力が抜けて、ボ~ッ!としていることが多い。ついに私も認知症!かと、ガックリきた。早速本を読んだり新聞見たり、いろいろテストしてみたが、そう酷く可笑しい!と言う兆候はない。まっ、自分テストだから、これは第三者にテストして貰わなければ、本当のところは解らない、そう思って知客さんを呼んで、いくつかテストして貰った,結果は別段可笑しくはないというご託宣,ほっと安堵の胸をなで下ろした。もうこの年だから、いつ頭がパ~ッ!になっても不思議はない。時々自分でテストしてみるのだが、つい身びいきになって、これでは正確ではない。いずれにしても人間80歳にも成れば、頭の何処かが狂い出すというのは普通のことで、とっくに私もその危険区域に入っているのだ。嘗て雲水の頃、老齢化した老師が訳の分からないことを言って我々を困らせたことがあった。何と今度は私が同じようなことで雲水を困らせているのだ。まだこう言う自覚がわずかでもあるうちは良い方で、やがてその自覚も失せ、周りの者に迷惑掛けまくって、死んで行くのかな~っ。

posted by zuiryo at : 14:17 | コメント (0)

2022年09月24日

手入れの出来た庭

京都から遠路来て下さった庭師さん達、約十日間ほど仕事をして昨日無事円成、下山された。何点か日常的手入れについてもご指摘を頂いた。何と清々しい庭になったことか!しかしこんな事を言っては何だが、広い境内にくわえて長い参道両脇の松等々、膨大な(うちとしては)費用に目玉がデングリ返った。しかもこの手入れはエンドレスである。毎年相当な額がす~っと消えて行く。手入れ良く境内を維持して行くというのは本当に大変な事である。まだ何とか、うちの場合はこれが出来るから幸せっちゃ~幸せである。折角綺麗になった境内なのだから、余分な事は考えずに、単純に綺麗ッ!で終わろう。今回はお天気にも恵まれ助かった。年によるとザアザア雨の中、終日カッパ姿で仕事をすることもある。どんな仕事でも、楽なことはないって事だ!

posted by zuiryo at : 15:31 | コメント (0)

2022年09月23日

剪定作業

毎年、この時期に剪定作業をお願いする。以前は地元業者に頼んでいたのだが、仕事をする人たちの高齢化が進み、お寺のような高い木々の剪定は危険なので、ご辞退致しますってな事になってしまった。困り果てているとき、ある人から京都の庭師さんを紹介して貰い、近年は此処に専らお願いしている。三度の食事のお世話など少々手はかかるが、ズバリ言って仕事のレベルが違うし、実によく働くので、ト~タルで見れば結果安い。庭造り全般に渡って助言を頂き、みるみるうちに変ってきた。矢張庭は京都に限る。庭師としてのレベルが全然違うのだ。お願いしてから今年で四年ほどになるが、全体が素晴らしい庭になってきた。これもご縁で、良い庭師さんに巡り会えて本当に有り難いことである。

posted by zuiryo at : 20:02 | コメント (0)