2021年11月23日

警察官が泥棒

泥棒する不届き者がいたらひっ捕まえる警察官が、もし泥棒したら、そんな処はまともな社会では無い。幸い日本では、特例を除けば一般的にはそんな話は聞いたことが無い。しかし後進国では頻繁にそう言う事が起こっているらしい。だから警察官を捕まえる警察官が要る。これは何処か遠い国の話と思っていたら、日本にも処によってはそういうことがある。少し前のこと、一番古手の雲水が暫暇して、後から蔵の中を点検したら、時価うん百万円の屏風が盗み持ち去られていた。もしそう言う悪がいたら取り締まる側の者が、自分で盗み持ち去っていたのである。あいた口がふさがらないとはこのことだ。どうしてその悪が盗み出した事が解ったのかと言えば、盗み出したお寺の関係者が見つけて教えてくれたのだ。そういうことがあって、大分年月が経ったが、その悪はいまだに、口をつぐんでしらばっくれている。そう言う悪のことだから、その事実を人に見らればれたので、多分とっくに売り払って、現金化していることだろう。そうすればもう証拠品はないので、後は知ったことじゃないである。まっ、誰も見ていないと思っていると大間違いで、仏様はちゃんと見ておられる。いずれ罰が当たること間違いなしである。

posted by zuiryo at : 14:35 | コメント (0)

勤労感謝の日

日頃せっせと働いている方々への感謝の日である。それで行くと私なんぞは範疇外である。殆ど働いていないのだから。まっ、広義にに解釈すれば、道場でじっと雲水を見守って、目を光らせているのが仕事と言えば言えなくもないので、一応今日はその感謝の日と解釈して、終日のんびり過ごそうと思っている。私も高齢者の仲間入りした。膝に猫を乗せて撫でて終日過ごす、それで充分という見方も出来るが、世間では、私よりも高齢で、バリバリ働いておられる方々もいる。それを思って、まだまだ頑張らなくっちゃ。汗水流して働いて、儲かったの損したのと、格闘しているのに比べれば、何もしていないのと一緒なので、大きな顔は出来ない。まっ世間の方々とは又違った仕事で、これはこれで、重要な仕事をしているとも言えるのだがね。

posted by zuiryo at : 10:12 | コメント (0)

2021年11月22日

般若会、本日を以て終了

朝からシトシト雨が降り続き、陰気な日である。40年ほど続いてきた、般若会座禅は本日を以てすべて終了。私が此の寺に来て間もなくの頃、総代さんのOさんが仲間を集めますので毎月2回坐禅の指導をお願いできませんかという話し。ハイ!承知しました。では会員制にして・・・、爾来毎月2回、午前6時から1時間坐禅・その場で私の話30分・食堂で朝食のお粥と沢庵、了而、お抹茶、生菓子、皆で少々お喋りをして散会、と言うパタ~んである。参加者は平均30名ほど、これだけ長く続くと初期の頃の高齢の方は亡くなったり、又途中新加入の方もあったりで、メンバ~は多少変化してきたが、ほぼ毎回30名くらいは集まって、此の座禅会は続いてきた。これからも引き続き開催し続けることも出来ないことはないのだが、一番のネックは私の老齢化により、頭が酷くトロクなって来たことである。これ以上続けると、恥を晒すだけと判断し止めることにした。それまでは地元の方々がうちの寺へやって来ることなど殆ど無かったのだが、此の座禅会を始めてから様々な方々とご縁が出来、本当に良い会だった。やむなく閉会となり、毎回早朝より頑張って坐禅を組んできた方々には本当に申し訳ないと思いつつ、本日無事円成。

posted by zuiryo at : 15:22 | コメント (0)

2021年11月21日

野良猫一匹

早朝、出頭のために支度をしていると、窓の下から野良猫一匹、見かけないのがこちらを覗いている。お出で~ッ!と手招きしたのだが、段差が1メートルほどもあり、まして、初めての処では、それでは、てな具合にはならない。間もなく出頭の鐘が鳴ったので、朝課へ行っている間に何処かへ去ってしまった。多分お腹をすかして、餌が欲しかったのだろうが、いかにもタイミングが悪かった。近頃界隈随一のネコに親切なお寺として、その筋では有名らしいのだ。だからこうしてうわさを聞きつけ、野良が次々にやって来るというわけである。境内は広いので、野良猫の五匹や十匹、幾らでも養えるのだが、野良には野良の仁義があるらしく、事はそう簡単な話では無いらしい。まっ、その為に矢鱈増えまくるという事もなく一定のバランスが取れているわけである。野良に罪は無い。お腹をすかして餌を求めやって来るのだから、出来るだけのことはしてやりたい。

posted by zuiryo at : 10:46 | コメント (0)

2021年11月14日

般若会・光陽会

私が住職して間もなく総代さんから定期的に坐禅会を開いてくれませんかというご要望があり、有志を募って月2回早朝6時から1時間坐禅・お話・粥座・抹茶、と言う順で催すことになった。爾来凡そ四〇年間続けてきたが、此の11月すべて修了することにした。主な原因は私の老齢化である。坐禅の後の10分間ほどの話も、ついにネタ切れ、もう新しい話も尽きてしまった。と言うような訳で惜しまれながら今月22日月曜朝の坐禅で無事円成となる。漸く肩の荷も降りる。同時にもう一つ続けてきた日曜座禅会も終わる。つまり私が住職してから約40年間、ほぼ毎週坐禅指導を続けてきたわけで、ほとほと疲れた。まっ、これだけお世話すれば十分である。これで漸く枕を高くして休める。

posted by zuiryo at : 21:16 | コメント (0)