2018年05月22日

朋遠方より来る

昨日今日と二日間、嘗て湘南高校で同級生だった友人3人がはるばる訪ねて来てくれた。昨日はお寺の中を説明したり、一緒に短時間だったが大衆禅堂で坐禅を組んだり、夜は市内の食事処で積もる話に大盛り上がりだった。今日は9時半出立で、車で華厳寺と横蔵寺を案内した。山がの静まり返った雰囲気を、大変喜んでくれた。最後にちょっと遅い昼食を市内で食べて、岐阜駅に送った。これから京都へ行って一泊し、明日関東へ帰るという。卒業して以来、57年ぶりである。二人はそれぞれ仕事をリタイアし、一人は40数年間も市会議員で、今なお続けている。この年齢になると人生の様々なことを体験してきているので、私は興味津々で、色々話をしてもらった。こんなことは今まで一度もなかったことなので、たった二日間だったが、世の中のことがいろいろ解って本当に楽しい時間だった。

posted by zuiryo at : 15:30 | コメント (0)

2018年05月21日

喜寿の茶事

昨日は私の喜寿の茶会を、坐禅会の方々が中心になって開いてくれた。茶室床には利休の「喝」、脇床には若冲の隻履の達磨、賛は白隠禅師、と言うようなわけで、お道具類も名品が続々、私には勿体ないようなものばかりで、恐縮次第もなかった。丁度40歳で入寺したから、今年で36年になる。当初十数年は波乱万丈、今から考えても、よくぞ乗り越えてこられたな〜と言うのが実感である。今までにも還暦・70歳・そして今回の喜寿と合計3回節目に茶事を催した。これらはすべて私の大信者さんが居られて、全てご奉仕で務めて頂いた。頭が下がるというか、身に過ぎたるご厚情を頂き、恐縮の至りである。その方のご要望は、生涯この寺に居ること!である。そもそもボロボロのお寺をすべて新築して下さったのも、この方が中心になって実現した。人生には良いこと悪いことが、良い配分でやってくるものだが、私の場合は、どう考えても良いことばかりなので、これは余程身を慎み更に精進しなければ、閻魔さんに大目玉を食らわされるぞと、いまから覚悟している。

posted by zuiryo at : 11:31 | コメント (0)

2018年05月19日

強風

今日は一日中強風が吹き荒れた。明日は私の喜寿の茶事ということで、皆で庭掃除をするのだが、掃いてるそばから木の葉が舞い落ち、とてもじゃないがやってられない。さりとて放っておけばますます葉っぱは落ちるばかりである。しかしきれいに箒目の立った庭は、たとえ葉っぱが落ちていても、掃除の痕跡は残っているので、良しとする。それにしても選りによってどうしてこんなに今日は吹き荒れるのだ。間が悪いったらありゃ〜しない!庭の新緑が目に染みるようで、まさに緑滴る季節である。

posted by zuiryo at : 16:56 | コメント (0)

2018年05月17日

会計簿

僧堂ではお金の計算は副司(ふうす)役の者が一切やる。夏・冬各制末に帳面を締めて老師に点検してもらう。正眼寺では、嘗て戦前は広大な田畑を所有していたので、小作農家の人達が季節ごとに参道入り口にある大きな蔵へ運び込み、それらを点検記帳する大事な役目があった。だから村の人達は副司を「お納所さん」と呼んでいた。しかし戦後農地解放ですべてを失い、途端に無収入の寺になってしまったが、ともかく寺の会計をすべて取り仕切るのが副司である。うちの場合は少々貸地があるので、実務的な事柄はすべて専門の業者がやってくれるので、その他法要などの収入と合わせて雲水の一番古手の者がやっていた。しかし特に土地に関わる事柄は、若い雲水には過剰な負担である。そこで此処十数年前からは私がすべてやっている。勿論専門の会計士さんにその都度点検してもらい、年度末には総代さん方に決算報告をし、了承印を貰っている。というわけで私に掛かってくる負担が相当大きい。まだ今より若いころは頭の回転も普通だったから良かったが、最近の寄る年波に勝てずほとほと参った。しかし代わってくれる者が居なければやらざるを得ない。もう目の前真っ暗だ!

posted by zuiryo at : 20:53 | コメント (0)

2018年05月16日

京都へ

今朝早朝より京都へ出掛けた。嘗て私が若いころお世話になった寺で、今では師匠は亡くなり、親戚の甥っ子が住職をしている。開山250年忌と住職の晋山式にこちらの用事と重なってしまったので、今日はその代りにお参りした。先住の奥さんとは久しぶりの再会だったので、大変喜んでくれて、お経後に本堂で同好のコーラスグループのご婦人方の美声を聞かせてもらった。なかなか良かった。そのあと部屋で昼食、わざわざ料理人を呼び、大変美味しく頂いた。いろいろな話で大盛り上がり、昔小僧をしていたころのことなどいろいろ思い出した。ところでそこの新住職夫妻が野良猫を飼っていて、真っ白で、優雅で品の良い猫ちゃんだった。うちのクロとタマとを比較して、何と上品なことよ!やはり野良猫も京都だと品良くなるのだろうか?それに比べてうちのクロとタマの野性的なことよ!物腰からして違うのである。でも、やっぱりうちのクロトタマの方が良いな〜!

posted by zuiryo at : 20:22 | コメント (0)