2021年04月15日

入制大接心

恒例の大接心が始まった。私もこの寺に来て、38年も経った。その間幾たび大接心を繰りかえしたことか。まっ、慣れっこになったと言うと、少々語弊があるが、その時期、その時期で、雲水も変わり、私自身も年をとったりで、味わいは違う。しかし僧堂ではこの大接心をやっているときが一番充実していて気分が良い。特に私は講座が一番好きだ。講座台に乗って喋っていると、遙か昔、私が雲水だった頃を思い出し、当時の老師が目に浮かび、懐かしさでいっぱいになる。こう言うのも自分が講座台に上って、初めて解る心境である。いつも未熟だった自分を思い出す。誰でもその立場になってみなければ本当のところは解らないと言うが、その通りだ。私自身を振り返り、更に向上を目指して一歩一歩真っ向前進である。

posted by zuiryo at : 13:49 | コメント (0)

2021年04月14日

遠方よりお礼参り来山

午前、山梨より先日の葬儀のお礼に三人の和尚さんがやって来た。出掛けたこちらも大変だったが、そのお礼参りに来た三人の和尚さん達も同様大変だ。遠路、運転を代わりばんこしながらやって来たことだろう。お互い遠方、ご苦労様だった。うちの場合は隠侍さんが一人で運転し続けたのだから、過酷なことだった。私が途中代わってやりたいところだが、数年前老化を心配して、思い切って免許返納したので、代わるわけにもいかず、しんどい思いをさせてしまった。もう少し交通の便利な処なら、電車も考えられるのだが、車以外には無いという地域だったので、仕方なくこういうことになった。ところで亡くなった和尚の寺は、後継者はおらず、奥さん一人っきりになってしまったので、車の運転が出来なければあの地域で生活することは出来ない。多分寺を離れ、郷里の横浜方面へ転住することになるのだろう。あそこに落ち着くまでいろいろ苦労してきたから、思い一入だろう。これから以降は多分訪れることも無くなるだろうが、様々なことがあった。本当に人生いろいろだな~!

posted by zuiryo at : 13:58 | コメント (0)

2021年04月13日

楓の新緑

隠寮の庭は全面、楓に覆われている。背後に山を控え、その楓の新緑の美しさは格別だ。東西横に広がる庭だが、みずみずしい新緑は他に例えようがない。毎日その庭を眺めながら、一人楽しんでいる。いずれはこの緑もみずみずしさは失われ、普通の緑になってしまうのだが、相当の期間したたる緑を楽しめる。まさに「眼福」である。ところで山梨方面へ葬儀に出掛けたと言ったが、その疲れが未だに残っている。芯疲れである。丁度焼き芋で、まっこの辺で良いかな~ッと焚き火から引っ張り出してガブリとやると、芯がガリッとするようなもんだ。今日は朝からシトシト雨が降って、久しぶりに大地を潤し、山も庭も皆喜んでいる。

posted by zuiryo at : 09:35 | コメント (0)

2021年04月12日

葬儀疲れ

9日~10日、山梨の山奥のお寺の葬儀に出掛け、その疲れが今頃になってドドッ!と出てきた。どうも年を経ると疲れも時間差があるようだ。午前中から調子がイマイチ。こう言うときには横になって休むのが良い。と言うことで、しばらく横になって休んだら少し元気が出てきた。亡くなった和尚は誠に義理堅く,毎年車で数時間も掛けて問候にやって来た。自分でこうして延々車で出掛けて初めてその大変さが解った。良くもこれを毎年繰返し、やって来たものだ。ところで帰ってきて、寝るときに肩を覆うものがなくなった。万事ぼ~っ!としているこの頃だから、泊めてもらった旅館にでも忘れてきたのだろうと諦めていたら、車の中から出てきましたと言うではないか。これだからね~ッ!やんなっちゃう!つらつら思うに、老齢化すると、ことごとくこの有様だから、もう人間としては賞味期限切れと言うことだ。さりとて生きている限りは、このお役目を果たさなければならぬ。辛いところだ。

posted by zuiryo at : 09:23 | コメント (0)

2021年04月11日

クロ亡きあと

スッカリ居るのが当たり前だったクロ亡き後、どうも何かが抜け落ちているような気分で落ち着かない。では代わりの猫を・・・と思っても、簡単ではない。たかが猫の子一匹といえども、難しいものだ。勿論タマは相変わらず部屋に居るのだが、はっきり言って「可愛くない。万事どこかでクロと比べてしまうのだ。まっ慌てることはない。そのうち自然にどこからか可愛い猫がやって来る。

posted by zuiryo at : 16:47 | コメント (0)