« 翠の山道 | メイン | 野良猫 »

2009年09月13日

空手

外国人にとって、空手は大変魅力的スポーツのようで、暫く日本で生活すると、空手道場へ通い始めたと言う話を良く聞く。日本人の我々にとっては、スポーツとしてはマイナーなもので、イマイチ一般的ではない。数年前、友人とフランスの田舎を旅したときのこと、電車に乗るため駅で待っていたら、私の処へ何人も寄ってきては、空手の仕草を真似ながら、「カラテ!、カラテ!」と言う。その時は真っ白な作務着スタイルだったので、どうもこの格好は彼らには空手の先生にでも見えるらしいのだ。お陰でスリやかっぱらいなどの胡散臭い連中が一人も寄ってこず、実に安全で快適な旅が出来た。かくの如くヨーロッパでは大人気のカラテも、日本ではと言うことになると、さっぱり人気はない。ところで、最近秋田から岐阜の大学に入学した若者と話していたら、彼は何と空手部に入ったというのである。さらに驚いたのは、部員の半分以上は女子だというのだ。来年度は部長も女子になるそうだ。「挨拶は例のゴリラのように腕を前に少し広げ、オッス!、とやるのかね?」と尋ねると、「そうです」と言う。「女子も?」とさらに尋ねると、「そうです」と言った。「女子と言ってもごついのばっかりだろうね。」というと、「そうです、みんなごっついのばっかりです」、「やっぱりな〜」。面白いかとさらに尋ねると、余り面白くないという。彼は高校時代はボート部だったそうで、規模の小さな大学のため部活の種類も余りなく、ましてやボート部など無いので、仕方なく入ったのだそうだ。なかなか好青年で、少し優しすぎるかなと思うほどなので、ごっつい女子空手部員にみっちりしごかれて、逞しく成長して欲しいと心から願った。

投稿者 zuiryo : 2009年09月13日 08:44

コメント

はじめまして。私 ニックネームの通り、ジェット・リーの大ファン。でも本当はビーフジャーキーいやジャッキ・ーチェンが本命です。
ジェット・リーは少林寺拳法の達人で空手と関係があるかどうかは私は知りませんが、カンフー映画大好きな私が色々とジェットリーさんのインタビューの記事を読むに、大変な大乗仏教の信仰者と知り、どちらかというと映画では暴力的に映るリーさんは実はとても慈悲深い人格者と知ることができます。
ジャッキーチェンも孤児育ちで大変な不遇の逆境から大家になったと 聞いてます。
人間 空手や拳法で 自分と向き合い強くなると 人間の強さと弱さがわかるのでしょうか?何事においても道を極めるということは 自分に打ち勝ち 強くなるということなのでしょうか?

ジャッキー・チェンとジェット・リー、この二人の映画はいつも楽しみに安心して観れるのは どうしてなのですかね??

長々しい乱文、失礼しました。

投稿者 ジェットロ・リー : 2009年09月16日 15:21

日本人=空手 というイメージが世界的に根付いたのは何故ですか?と疑問に思います。

空手は柔道や合気道、少林寺拳法などとも 違うとの由。
む む む…。手強いですね。姉がクロオビの空手家で、その影響で妹も。唯一男子のぼくはまるで興味なし(笑)

フランス映画「TAXI」で 空手の強い輩が闘うシーンが日本人をパロディーしてて、小気味よい感じでした。

最近 檀家さんに おへんろさん用に妙心寺で 買ったという白の作務着 をいただいたばかり。冬用なのでまだ袖を通してないのですが ヨーロッパで白のサムエ着たら 泥棒よけ、になると聞いたので 貧乏でヨーロッパにはいけませんが、せいぜい神田町界隈で 空手家になった気分を味わいたいなぁ…と浅はかな考えに陥っているのです。(笑)

投稿者 LOVE蓮仏美沙子 : 2009年09月16日 17:10

日本人=空手 というイメージが世界的に根付いたのは何故ですか?と疑問に思います。

空手は柔道や合気道、少林寺拳法などとも 違うとの由。
む む む…。手強いですね。姉がクロオビの空手家で、その影響で妹も。唯一男子のぼくはまるで興味なし(笑)

フランス映画「TAXI」で 空手の強い輩が闘うシーンが日本人をパロディーしてて、小気味よい感じでした。

最近 檀家さんに おへんろさん用に妙心寺で 買ったという白の作務着 をいただいたばかり。冬用なのでまだ袖を通してないのですが ヨーロッパで白のサムエ着たら 泥棒よけ、になると聞いたので 貧乏でヨーロッパにはいけませんが、せいぜい神田町界隈で 空手家になった気分を味わいたいなぁ…と浅はかな考えに陥っているのです。(笑)

投稿者 LOVE蓮仏美沙子 : 2009年09月16日 17:11