« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月27日

起単留錫

今朝は8時半からまず講座があって、終わるとすぐに恒例の起単留錫となる。本堂上間に評席の者が着座、雲水は食堂畳敷きに一列に座って待機。一人一人上間に進み拝をしてから起単か留錫かを答え、留錫名簿に記入する。そこで一制中の行状や精神のあり方に至る様々な忠告を受け、引き下がる。これを一人づつ丹念にやって行くのが起単留錫である。終わると私の所へ評席の者が報告にやって来る。聞いてみると、男僧の方は比較的単純な場合が多いが、尼僧の方は個々に事情が結構複雑で、細かく経緯を聞けば聞くほど、ふ〜む〜!となる。修行者は誰でも多かれ少なかれいろいろな世俗のしがらみを抱えながら修行を続けて行くわけである。そこで何が自分にとって最も大切なのかを問われている。迷いが生じ修行を断念する場合は、やはりその者にとって間違った人生の選択をしたことになる。今日はそれをはっきり決めて行く日でもある。私も雲水時代夏冬2回づつこの起単留錫を受けてきた。その度に自ら顧み、自分にとって修行の意味とは何かを問い続けた。幸い20年間迷わずに来られた。これは志が堅かったと言うことだが、断念せざるを得ないような世俗のしがらみがなかったと言うことでもある。ひたすら修行してさえ居れば何もほかに考えなくとも良かったという幸せな環境だったと言うことでもある。雲水の起単留錫の様子を聞きながら、改めて感謝の念がわいてきた。

投稿者 zuiryo : 14:31 | コメント (0)

2013年07月25日

ハチを忍ぶ

腰痛治療をかねて連日裏山歩きを続けているという話は以前申し上げたが、今日も雨間をぬって出かけた。しばらく上りが続きふと思った。この山道は玉石が敷き詰められているので表面が少しでも濡れていると猛烈に滑る。雨の時は気をつけて下さいなどと立て看板があるが、全く無意味な看板で、横目で睨み付けながら通り過ぎた。滑って転んで怪我でもしたときの良いわけの看板だからだ。そんなこと言われんでもわかっとる!で、一応上り詰めると今度は急な下りになる。これがきわめて危険で、いつだったか注意深くへっぴり腰で歩いていたら、あんのじょうスッテンコロリン、尾てい骨強打、おまけに手でかばったので掌を擦りむいてしまった。そこで今日は上り詰めたところからコースを変更して、うちの寺の山は自然道なので、そっちへ回った。しばらく歩くうちにふと愛犬ハチとの散歩を思い出した。その道は嘗てちょくちょくハチと歩いた山道だった。歩くほどに次々にハチのことが頭を巡り、ぽろぽろと涙があふれてきた。もう死んで3年になるが、目の前を尻尾を振りながら、あっちこっち匂いをかいだりおしっこをかけたり、少し茶色になったハチの背中が、うれし〜い!と言っているようだった。あと10年もしたら私もハチの居るところへ行って、また一緒に散歩に出かけよと楽しみにしている。早く来て〜!と言う声が聞こえてくるようだ。

投稿者 zuiryo : 19:41 | コメント (0)

2013年07月17日

ある方から、自分の病気のことを、あっちが痛むとかこっちが悪いだとか、そういうことは人前でぺらぺらやるもんじゃないと指摘されたことがある。ごもっとも!そんな話は他人にとってはどうでも良いことで、聞きたくもないことを聞かされる身にもなってみろ!というわけである。こういうのは身近な家族の間なら話は別で、大いに話題にして、お医者さんに行ったらと勧められたり、ぐずぐずしていると返って叱られる。しかし家族を持たない私には、そういう指摘をしてお医者さんへ行くよう勧める人は誰一人居ない。そこで一人二役で、もう一人の自分がいつも自分の健康状態を監視している。まっ、早い話が小心者っつわけ。一方では病気のことなどほとんど眼中になく、未だ嘗て薬一つ飲んだこともないという羨ましい人も居る。さて今日、耳鼻咽喉科で喉を内視鏡で診て貰った。20年前声帯にポリープができて手術をして以来、定期的に喉頭がんを疑い検査しているのである。診察結果は大変良好と言われ安堵した。どうしましょうと言われたので、うがい薬でも頂きましょうかとお願いした。声を出すのが仕事の私たちには、しゃがれた声ではお経の有り難みも減るので、普通の人以上に気にするというわけである。70歳を越えたあたりから、体のあらゆる部品がぼつぼつ耐用年数を過ぎて、車ならそろそろ買い代えなければならない。しかしその一方で80半ばを過ぎてなお矍鑠として活躍されている方もおられるので、私なんぞまだ小僧っ子、部品が少々傷んだからと言ってがたがた言ってられない。

投稿者 zuiryo : 11:27 | コメント (0)

2013年07月15日

ヒヨ鳥

うちのお寺は周囲が山に囲まれているのでいろいろな種類の小鳥がやって来る。特に早朝は何種類もの小鳥が一斉に鳴くので喧しいほどである。中でもヒヨ鳥は図体も他の鳥に比べて大きく、森のギャングだ。隠寮の庭に3つつくばいがあるのだが、小さな鳥が団体で水浴びをしていると、そこへヒヨがやって来て、どけどけ!とばかりに蹴散らして、我が物顔にバシャバシャ水浴びを派手にやる。ために周囲は水だらけになって、廊下まで濡れてしまう。その嫌われ者ヒヨが、私の部屋の簾を風で揺れないように下に引っ張っているビニールひもをしきりに突っついている。何だろうと眺めると、つがいで交互にビニールを引きちぎってくわえて何処かへ運んでいる。多分巣を作る材料にしているのだろう。別にケチるわけではないが、毎日朝から日中ずっとひもをちぎっては運ぶので、だんだん簾の支えがなくなって見るも哀れな格好になった。明日はビニールに代えて針金にでもしようかなと思ったが、健気な姿を見ていたら、やっぱり止めておこうと考え直した。

投稿者 zuiryo : 21:39 | コメント (0)

2013年07月13日

山歩き

先月上旬からずっと腰痛に悩まされっぱなしで、本当に憂鬱になる。我慢も限界に来て整形外科の名医に診て貰った。レントゲンの結果骨には異常なしと言うことで、一番痛む箇所にブスッ!と注射を打って貰った。あ〜ら不思議、今までの痛みはどこへやら、帰りは思わず口笛を吹きたくなるほどの晴れやかな気分になった。以前股関節に異常な痛みが続き坐禅もろくに組めなくなり困ったことがあった。これでは商売あがったりで、どうしたら良いか悩んでいたとき知人に紹介されたお医者さんである。お陰様で股関節の方はその後何回か注射を打って貰って完治したのでしばらくご無礼していたのだが、今回再び腰痛でお世話になった次第。腰痛はじっと同じ姿勢で居るのが一番悪いそうで、山歩きが一番良い治療だそうだ。そこで連日裏山を歩いている。午後1時かんかん照りの中を出かけるので、周りが心配して、大丈夫ですか、お気をつけて!などと言ってくれるが、実は山の中は道の上まで緑の枝に覆われ、そよそよと涼しい風が吹き抜けて、それは気持ちの良いものである。帰ってすぐにシャワーを浴びると爽やかな気持ちになる。腰痛治療のおかげで日々健康的な生活をしている。

投稿者 zuiryo : 14:39 | コメント (0)

2013年07月02日

朋遠方より来たる

毎年律儀にこの時期訪ねて来てくれる人が居る。近頃は盆暮れのギフトを郵送して済ますというのが一般的だが、彼のように遠路わざわざ出かけてくる人は本当にまれなことである。確かに時間はかかるし非効率だが、やはり直接会って食事でも一緒にすれば話も弾んで、それなりに意義はある。彼の周辺の四方山話なども懐かしく拝聴した。去年会ったとき大変スリムになっていたので驚き、いろいろダイエットについて聞いたのが、そもそも私が本格的ダイエットを決心したもとになった。お医者さんからは厳しく指摘されながらまっ良いか!とやり過ごしていた甘い考えを一変させられたのだ。爾来10ヶ月心を入れ替えてダイエットをした結果9キロ減、目標に後一歩までたどり着いた。先日恒例のドックで今まで黄色信号だったのがすべて青に変わり、がんばりましたね〜とお医者さんから褒められた。こうなると腹を空かせてひいひい言ってたのも皆喜びに変わった。人間いくつになっても褒められると気持ちの良いものだ。童心に返り、小学生の頃先生から花丸を貰って小躍りした頃のことがふと頭をよぎった。

投稿者 zuiryo : 11:12 | コメント (0)