« 白隠さん | メイン | 梅まつり »

2016年03月02日

FEB

表題のFEBと言うのは、門前のパン屋の店名である。大手製パンには、沢山の化学薬品が使われていて、それを知っている人は決してこの手のパンは食べないと聞いたことがある。食パンが化学薬品漬けになっているとは思いもよらぬことだが、真実のようだ。最近粥座はパンを食べるようになって、丁度手作りパン屋さんが門前にあるので、専らこのお店FEBで買っている。いつもは隠侍さんが買ってきてくれるが、隣がお香屋さんなので、ついでにパンも買ってきた。店のご主人に「FEB」の名前の由来を聞いたら、ファースト、イースト、ベーカリーと言う意味だそうだ。岐阜市内で東にあるパン屋さんと言う意味だそうだ。な〜るほど!若いご主人が早朝よりパン生地を仕込んで、文字通りハンドメイク、だから予約しておかないと直ぐ売り切れになる。そう思って食べると、何だか一層美味しい感じがする。パン生地に胚芽も入れ込んであって、気のせいか体にも良いような気がする。第一、若い青年が一途にパンを手作りしている姿が良い。全部売り切れてもそう大層な収益があるとも思えないが、昔の職人気質を彷彿させる。

投稿者 zuiryo : 2016年03月02日 17:52

コメント