« さくら | メイン | 国籍 »

2016年03月22日

香月泰男の世界

2日前からずっと香月泰男の世界、シベリヤ鎮魂歌を読んで漸く読了した。断食道場で偶然出会った方が、嘗てシベリヤに捕虜となり3年半抑留され、強制収容所で過酷な労働に従事させられた体験談を息を飲む思いで聞いた。又親しかった友人で、香月泰男の絵を沢山集めて居られた。いろいろな思いで読んだ。まだ未熟だった私は、その方に、何であんな暗〜い絵が好きなんですかと尋ねたことがある。「いや〜良いんだよ〜!」とだけ言っていた。早速アマゾンで香月泰男の中古の画集を買った。「いや〜、じつに良い!」。その方は既に亡くなってしまったが、今なら原画を早速見せて頂くところである。一枚の絵の中に込められている精神の深さを知ることが、その絵を味わうことになる。

投稿者 zuiryo : 2016年03月22日 12:48

コメント