« 墨跡 | メイン | 年金 »

2007年09月16日

滝行

14日から2泊3日、御嶽山3合目,新滝へ行ってきた。東京方面のいつもの仲間5人と現地で合流、初日は午後3時半、第1回目の滝行、今回で17年目になる。水量はやや多め、水温はやや高め、比較的入りやすい滝であった。ここで面白いことが起こった。帰って風呂に入り夕食になったのだが、一人記憶喪失に陥った人が出た。後で本人から聞けば、何でこんなにお腹が一杯になってるのかな〜と思ったそうだ。食事を皆と一緒にしていて全くその間の記憶が飛んでいたのである。こういう現象は過去にも何人か在ったが、大抵は初心者に見受けられることで、今回は10年以上滝を浴びていたベテランの人だったので、思わず笑ってしまった。間もなく記憶は蘇ったので笑って済んだが、滝は一つ間違うとこういうことになる怖い行でもある。まっ、何処か無理があったんですね!禅では「なりきる」というが、落差30メートルから落ちる滝の直下に入り、砂利が頭に降り注ぐような衝撃で、頭蓋骨がメリメリときしむ。その真っ只中でピタッと一つになると言うのはそう簡単なことではない。

投稿者 zuiryo : 2007年09月16日 20:57

コメント