« 棚経 | メイン | 野良クロ »

2020年08月19日

頭がボ〜ッ

以前にも同様なことを書いたような気がするが、このところの暑さと言ったらない!お寺はまだ一般の家より大きく、裏に翠一杯の山を背負っているので、その分街中よりいくらか涼しいのかも知れないが、しかし連日のこの暑さ、どうにかならんものか!したたり落ちる汗を見ながら、皮を剥ぎたくなる。しかしまだ人間は良い方で、毛皮にくるまっている猫は可哀想と言ったらない。思いっ切り伸びて腹を出して、そのまま固まっている。早く秋風が吹かないかな〜と願うばかりである。こうなると人間、真面目にコツコツなどと言う思考力は全くなくなる。ただただ時に後ろから押されながら、漫然と過ごすのみ。やがて涼しい秋がやって来て寒い冬が来るから良いようなもの、年中こう言う気候の南洋では、真面目に人生を考えることなど失せるだろうな〜と、思ってしまう。これは自分が老化して万事に後ろ向きになってきたからそう思うのかも知れないが、兎も角早く秋風の吹く季節になってほしいものだ。

投稿者 zuiryo : 2020年08月19日 10:27

コメント