« 名言 | メイン | チビその後 »

2020年06月17日

チビついに脱走

大病で手術した元野良の「チビ」、本格的に飼い猫にするための訓練を、私の部屋で始めた。何せ生まれてからこのかた、ず〜と野良育ち、野性味たっぷり、必ず物陰に隠れていて、動きも敏捷で、飼っていながらどこに居るのか解らない。だから膝の上に載せて撫でるなどと言うのは殆ど絶望的。餌だけは何時食っているのか解らないが減っている。特に困るのは、夜寝るために電気を消すと、途端ににゃ〜にゃ〜と鳴き始め、喧しくてこっちは寝ちゃ〜居られない。チビ〜!と呼んでも返事は無いばかりか、むしろ一層物陰に隠れてしまう。三日目の朝、勤行のために網戸にして本堂へ行っている間に、ついに脱走、行方知らずになった。元々僧堂の裏山暮らしをしていたので、その辺にいるのは分かっているのだが、こうなったらもう捕まえることは出来ない。山際に餌を置いておくとちゃんとどこからか出てきて食べている。野生のものは野生で生きるのが一番の幸せ、部屋飼いにしてやったらさぞ雨風にさらされず良いだろうというのは人間のエゴで、これで一件落着である。

投稿者 zuiryo : 2020年06月17日 13:38

コメント