« 書道稽古 | メイン | コロナウイルス »

2020年04月26日

書道稽古

瑞龍寺に住職して間もなく、余りに字の下手っぴ〜なのに、我ながらあきれ果て、どうしたら良いものか悲嘆に暮れた。その年のお盆に総代さんの家にお邪魔したとき、床の間に素晴らしい書がかけられていたので、この書はどなたの書かれたものですかと伺うと、近所にお住まいの高名な書家の作品だという。爾来その先生の弟子になって稽古すること40年、最近高齢のため引退されるというので、ついに稽古は終了した。これからは先生を離れて自力で書と向き合わなければならぬ。目の前真っ暗闇になった。以後墨蹟を依頼されたら出来るだけお断りしようと思っている。尤もヨレヨレ老人に墨蹟など依頼する人は殆ど居ないので取り越し苦労というものかもしれない。私は40年書家について稽古を積んで、書に対して自分の未熟さに気が付き、恥を知った。私がずっと稽古を積んできて解ったことはこれである。

投稿者 zuiryo : 2020年04月26日 19:22

コメント