« 足もみ機 | メイン | イノ公再び »

2019年10月09日

きゃ〜と言う悲鳴

隠寮の庭からきゃ〜と言う悲鳴が聞こえた。何事ぞ!と飛んで行ってみると、スギゴケを指さしている。昨夜猪が襲来、一面のスギゴケがほぼめくり上げられていた。酷い有り様で絶句した。近頃は「トンコレラ」蔓延で、そのコレラ菌を媒介しているのが猪と言うことで、徹底的に猪を駆除したと聞いていた。だから防御の電柵のスイッチも切って、あ〜これで天下太平じゃ〜!裏山に猪は一匹も居なくなったと安心しきっていたのが裏目に出た。猪の本場の辺りで駆除したから、そこを逃げ延びた残党が周辺の山々に散らばって、平和なうちの山に逃げ延びてきたようである。猪の苦しい事情もよく解るが、こんな時同情している場合いじゃ無い!早速電柵のスイッチオン。しかし先方の窮状を察すると、電柵ぐらいものともせず、突破してくるかも知れない!この暴れようは、ともかく尋常では無いのだ。まあお互いそれぞれ事情があっての攻防戦なのだが、ミミズは外にも沢山居るのだから、どうぞ外へ入って食べて下さい!!

投稿者 zuiryo : 2019年10月09日 10:54

コメント