« 小祥忌(しょうしょうき) | メイン | 左足のお皿辺 »

2019年09月06日

東海庵開山忌

毎年5日・6日は京都の本山塔頭の東海庵の開山忌に出掛ける。この頃はまだ残暑厳しい時で、午前七時からの行事が終わると全身汗びっしょりとなる。遙か四十年近く前、初めてこの行事に出頭した頃のことが、ふっと頭をよぎった。ぺっぺけぺ〜の新参者が、慈雲院の老僧に伴われ、おっかなそうな老僧近くに案内され、縮み上がったときのことが想い出された。爾来毎年欠かさず出頭させて頂いているのだが、勿論メンバ〜もどんどん変化して、今では私がそのおっかなそうな老僧になってしまった。行事も無事に終わり、朝食のお膳が出て、朝から高級紹興酒も頂き、部屋に戻ってひとっ風呂浴びて汗を流し、岐阜に戻った。何が困ったと言って、左足びっこをひきながら、階段の登り下りである。道中隠侍が言うには、来年は車にしましょう!そうだな〜!何故そこに気が付かなかったのか!頭も身体も硬直化して、万事にこの調子である。

投稿者 zuiryo : 2019年09月06日 20:35

コメント