« また野良猫が一匹 | メイン | 朋遠方より来たる »

2019年05月04日

リンちゃんのその後

暫くお地蔵さんの足元をねぐらに潜んでいたが、ある晩何処かの野良に急襲され、ギャ〜ッ!と悲鳴を上げて命からがら逃れた。もうこれでお仕舞いかと思ったら、台所の縁の下からノソッと現れた。爾来外は危険と感じたらしく、専ら台所の縁の下をねぐらにして、腹が減るとにゃ〜にゃ〜と這いだしてきて餌を欲しがる。この「リンちゃん」相当厚かましく、台所辺は言うに及ばず、庫裏じゅうを歩き回り、人の顔を見ればニャ〜ニャ〜と餌を要求する。あげずに放っておくと、頭をこすりつけて離れないのだ。それが徹底していて、餌をくれる人はちゃんと覚えていて、無視すると足にしがみつく。お寺に来るまでの過酷な人生が偲ばれ、ついホロリと来て餌をあげるという次第。

投稿者 zuiryo : 2019年05月04日 14:54

コメント