« 老化 | メイン | スマフォ »

2018年11月23日

諦める

人生50年と言われていたが、今では人生の前半に過ぎない。九十、いやひょっとすると、百歳まで生きなければならない。五十歳は人生の折り返し地点である。そのことをまず「諦める」ことが必要である。ここで言う諦めるとは、「明らかに究める」ことで、はっきりと現実を直視する。折に触れて、ああ、自分も歳をとったな〜、と自覚することである。その自覚のさいたるものが、視力・聴力・反射神経、その他諸々の身体機能の衰えである。日常生活でちょっとした段差に躓いたり、不注意にコップを落としたり、物忘れが頻発するようになる。気持ちは現役なのに、身体の衰えをはっきり自覚せざるを得ない。ここで大事なのは自らの「老い」をきちんと認めることである。ともすれば老いたことから目をそらそうとする。「歳を取ることイコール悪」だと考える。老いは決して悪ではない。人生の下山期だからこそ、見えてくる心の景色がある。

投稿者 zuiryo : 2018年11月23日 20:36

コメント