« 朋遠方より来る | メイン | 墨蹟書き »

2018年06月28日

お見舞い

今日は早朝から出立して近江の知人宅を訪ねた。十数年前から親しくしている老夫婦で、最近奥さんの方が肺癌に冒され、目下闘病中である。これから二人で老後を楽しく過ごそうといろいろ計画されていた矢先のことで、ショックは大きい。そこで一つ元気づけなければと思い出掛けたわけである。さすがに今までとは少々雰囲気が違っていた。できるだけお二人の話を聞くことに専念した。独特な食事療法で癌を克服してゆくという治療法をしておられる。いろいろ話を伺った。最高の現代医学をもってしても、癌の克服は容易ならざることで、患者の側は勿論のこと、治療を施す医者の方も試行錯誤なのである。他人ごとではない、明日は我が身だな〜と、改めて感じた。

投稿者 zuiryo : 2018年06月28日 20:26

コメント