« 寛恵老師ご遷化 | メイン | 腰痛 »

2018年06月02日

墨蹟

一日から雲水は静岡方面へ一週間泊りがけで托鉢に出ている。毎年宿泊をお願いするお寺さんがほぼ決まっていて、親切にご接待して下さる。雲水が3人も押しかけて食事をしたりお風呂に入ったり泊まったりと、お寺の奥さん方には大変なご苦労をお掛けする。色々なご縁でうちの僧堂を支援して下さるわけで、有難いことである。そこでせめてもの御礼というわけで、私の墨蹟を貰っていただく。今日はその墨蹟書きをした。書道の先生について稽古を続けて35年になるが、まあ何とへたっぴ〜なことかと愕然とした。年々上達するどころか、益々へたっぴ〜になってきた。これはどうしたことか?書いても書いてもへたくそなのだ。そんなことを言っていたのでは出来上がらないので、まあこの辺でと妥協して一応完成させた。自分の腕よりも見る目の方が高くなるから、こういうことになるらしいが、それにしてもぶきっちょな自分に呆れかえった。

投稿者 zuiryo : 2018年06月02日 11:35

コメント