« 右膝痛 | メイン | 開講 »

2018年04月03日

直腸内視鏡

3月初旬、断食道場から無事帰って、ほっと一息つき、トイレでウンチをした。見るともなく見ると、真っ黒。びっくりぽん!こりゃ〜一大事だ!この間まで健康的茶色のうんちが、何と真っ黒クロスケ。万事心配性の私は、こりゃ〜血が混じっているからだ!掛かり付け医院の先生の所へすっ飛んで行き、先生!どどどうしたことでしょう!ふふ〜ん。先生!胃と直腸の内視鏡検査したらどうでしょう!そうですね〜、ご心配でしたらやりましょうか?ぜぜぜ是非お願します。まず胃の検査は無事パス。安堵。今日は一番問題の腸の内視鏡検査である。前日から食事制限。今朝は何も食べずに午前8時半着。小さな部屋に通されて、甘〜い下剤の水液と持参の水を10分ごとに延々2時間かかって飲み干した。コップ1杯飲んでは10分、次に水コップ1杯、これを交互に繰り返し、その度にトイレに行って便の具合を見る。要するに腹の中を徹底的に出し、ついに最後は水状になるまでやる。たんびにお尻を拭くから肛門がひりひり、最後の方はトイレと隣の小部屋を立ったり座ったりの繰り返しで、もうへとへと。いよいよカメラを肛門から入れた、大腸・小腸はしわくちゃ状で、そこをカメラがずんずん入って行き、ついに盲腸に達した。あっちこっちにカメラがぶつかって痛いのなんのって、「イテテテテッ!」「はい!ここが盲腸、これから戻りながらカメラで撮って行きま〜す」。まあともかく、二度は嫌だな〜と言う感じで無事に終わり、テレビモニターに映った自分の腸内を見ながら先生の説明を聞いた。全く問題なし!まっ、3年後位にまたやればいいですよ。クロ便の容疑はすべて晴れたのでほっと一息だが、ちょっとしんどかったワイ。

投稿者 zuiryo : 2018年04月03日 14:44

コメント