« 華厳寺・横蔵寺 | メイン | 芸妓振興会 »

2017年11月15日

干支の色紙

十数年前、年末いろいろな方からご丁重なお歳暮をいただくので、何かお返しのものと考え、翌年の干支の動物を墨で描いて、それに禅語の賛を加えたものを差し上げることにした。一旦これを始めると、途中で止められなくなり、今なお続けている。動物の絵は友人の日本画家に見本を描いてもらい、賛の字は高名な書家にお手本を書いてもらい、てな具合で、何とか続けることが出来た。来年は犬年で1枚は子犬一頭のもの、もう1枚は子犬の兄弟、兄弟の方は何とかできたが、1頭の方は、モコモコの毛の犬なので、何回練習しても子狸になってしまう。焦ってこれでもかこれでもかと描けばかくほどますます狸、こりゃ〜どうしたもんだ!もう時間切れで、タヌキのままで良しとした。最近看護学校のボランティア活動の一環で、3人ほどお寺の掃除に来てくれた。御礼に早速子狸の犬を差し上げたら、「かわっい〜!」と大好評、喜んで持って帰ってくれた。

投稿者 zuiryo : 2017年11月15日 16:24

コメント