« 人の心は変わる | メイン | フェルメールと北斎の青 »

2017年10月06日

開山毎歳忌

この時期は晴れるとやたら暑く、行事が終わる頃には全身汗まみれとなる。ところが今年は朝から雨、少々小寒いくらいで、重ね着をしたくなるほどであった。出頭寺院の和尚さん方やお参りの信者さんたちは足元が悪いなか沢山お出で頂き感謝である。行事万端滞りなく円成し、ほっと安堵した。この行事はもう35年も続けてきたので、さほど緊張しなくなったが、生来人前に出るのが苦手な私にとっては、気の重い日である。嘗てうちの道場で修業した和尚連中がたくさん手伝いに来てくれて、大助かりである。このお手伝いがなければうちの雲水だけでは到底無理、有難いことである。行事が終わって出斎が済むとすぐに後片付け、何日もかかって荘厳したのを、一気に元に戻すのだから、これもなかなか大変である。9月初めから連日植木職人の手伝い、枝葉の跡片付けなどでへとへとになっている。それに加えてだから、一応片付け終わったら寺中シ〜ンと物音ひとつしなくなった。み〜んな伸びちゃった!

投稿者 zuiryo : 2017年10月06日 20:50

コメント