« 心太(トコロテン) | メイン | センス・オブ・ワンダー »

2017年09月11日

干支の絵

毎年年末に檀信徒や日頃お世話になっている方々にお礼の意味を込めてその年の干支の動物を描き賛を入れて差し上げている。早やぼつぼつ来年のイヌの絵を試し描き始めた。親子のと1匹のと2種類である。そのうち1匹のはいくら描いても、どうもタヌキになってしまう。よく絵は描く人に似ると言うが、私はタヌキ顔なのかしら。もうちょっと何とかならないかと描けば描くほどますますタヌキになる。これってどういうことなのだろうか?さらに描いていくうちに、ポイントは目にあるのではないかと気付いた。そこで今度は目を中心にイヌっぽく少し墨色を濃いめにやってみると、あ〜ら不思議、タヌキがイヌになった。目は口ほどにものを言いと言うが、確かにその通りである。これを専門家の画家に手を加えて頂き完成である。

投稿者 zuiryo : 2017年09月11日 17:27

コメント