« 寺の会計 | メイン | スランプ »

2011年02月27日

ウオッシュレット

先日、法類和尚や会下和尚連中と第4回中国祖跡巡拝旅行へ出掛けた。なかなか有意義な旅だったが、厳寒を予測して出掛けたら春のような温かさで、随分楽にお詣りすることが出来た。中国旅行と言えば、直ぐにトイレの不潔さが問題になるが、以前よりは大分ましになったとは言え、空港や観光施設、お寺などは相変わらずで、清潔好きの日本人には堪らない処である。6日ぶりに中部国際空港に戻り早速トイレを使ったが、何と美しく清潔な事よ!スッキリ出るものも出て、快適であった。話しが尾籠なことになって恐縮だが、もう一つ大いに問題なのは、ウオッシュレットでないことだ。いつもウオッシュレットで慣れていると、肛門がすっかり柔になって、6日間も紙で拭いていると、もうヒリヒリで堪らない。これが結構苦痛で、早く世界中トイレはウオッシュレットになって欲しいと思う。中国だけではなく、ヨーロッパなどの一流ホテルでさえ、便座はヒヤ〜ッとして、紙で拭くタイプが殆ど。外国旅行も楽しいが、毎日のことだけに、このトイレ問題、日本の便器製造会社に頑張って貰って、一日も早く普及させて欲しいものである。これに関連して、以前旅行会社のパンフレットに、携帯用ウオッシュレットが売られていた。実に簡単な装置で、安価で然も便利この上ない。こんな物で用を成すか最初疑ったが、恐る恐る使ってみると、これが実に優れもの、世の中には頭のいい人が居るものだと舌を巻いた。今回の旅行もこれを持参してと思い、出立前に探してみたがどうしても見つからない。生来の整頓の悪さが仇となり、遂にヒリヒリという目にあったわけである。ところで空港の待合室などで気になったのが、中国人の声の大きさ。傍若無人というか、辺り構わず大声で携帯で話している。とてもじゃないが席を変わらないと居たたまれないほど。大きな声は元気な証拠と言うが、場所柄を考えて貰いたいな〜と思った次第。また大きな都市の中心部はどこも車が溢れかえっており、常に大渋滞であった。日本の道路より広く車線も多いのだが、猛烈な車の数。世界中で一番車が売れていると言うが、当に実感した。ガイドさんも車を持っているそうだが、実用というよりも、ステータスシンボルと言うことらしい。ガソリン1リッターの値段が日本円にして七百円くらいになる。とてもじゃないがこんな高価なガソリンでマイカードライブ何ぞしていられない。嘗て日本でもマイカー時代が到来し、猫も杓子も車を持ちたがったものだが、今の中国が丁度それ。まっ、このお陰で日本の自動車会社も儲かっているのだから良いわけだが、街中排気ガスで煙っているさまは、何とかしないと困る大問題だと感じた。市内到るところ工事中、その埃も大変なもので、旅行中マスクは必需品だった。

投稿者 zuiryo : 2011年02月27日 05:21

コメント