« 大涅槃図 | メイン | 寺の会計 »

2011年02月08日

小寒い温泉

最近仲間内の会があって、有名な温泉地へ出掛けた。そこはかねてより一度は行ってみたいと思っていたので、図らずも実現したわけである。宿はその温泉地でもハイレベルなところで、大きな敷地に一戸ずつ点在しており、一人で泊まるのが勿体ないくらいだ。部屋へ通され見ると、設えも上等で、至れり尽くせりの設備である。大いに喜んで、早速部屋付きの風呂に飛び込んだ。湯は流しっぱなしになっていて、申し分なし。入ると湯加減も良く、そこまでは誠に快適だったのだが、周りの空気が妙にひんやりしている。湯から上がりヒゲを剃って体でも洗おうかと思ったが、寒くてとても一分と出ていられないのだ。これでは体を洗うどころの沙汰ではない。仕方なくずっと湯に浸かりきりで、そのまま出て着替えた。温泉はどこでも体の芯まで温まり、例え露天風呂でも、外の冷たい風が却って心地良いくらいなもので、しばらくはぽかぽかしているものだ。湯の中で腕を撫でるとつるつるして、ああ〜、温泉だ〜!と感じる。ところが此処はそうではない。湯から出ると途端に体が冷えて、まるでうちの湯と変わらない。そこで今度は大風呂へ入ってみた。しかし此処でも同様で、温泉特有のつるつる感もなければ、芯まで温まる感じもない。幾ら部屋は豪華で良くても、肝心の温泉がこれでは台無しである。うちの近くに下呂温泉という有名な温泉地がある。此処へもいろいろな会で出掛けることがあるが、肌はつるつる、湯から出てもしばらくぽかぽかして、直ぐには着替えられないくらいだ。これでこそ温泉である。思うに、温泉と一口に言っても、泉質はいろいろで、これでも温泉と言えるのかと言うところもあるのだろう。期待が大きかっただけにがっかりして帰ってきた。以前人に紹介されて奥飛騨の鄙びた温泉へ、スケッチ旅行を兼ねて出掛けたことがある。宿も料理も並だったが、温泉は本当に良かった。これでなくてはいかん。温泉に入って、寒くてたまらんでは、温泉とは言えぬ。

投稿者 zuiryo : 2011年02月08日 14:59

コメント